1. クリニックで処方された避妊薬と風邪薬は併用可能
  2. 避妊薬服用中はハーブ成分を含むサプリメントは控える
  3. 28日シートの避妊薬は飲み忘れがなくなる
  4. 子宮筋腫の救急性は高くなく避妊薬で出血を減らせます
  5. 男性が避妊に協力してくれないときは
  6. pms対策もソープ嬢の避妊もピルで一発
  7. ピルによる減退出血とステロイドとは
  8. 子宮頸がんは、ピルのせい?
閉じる
ピルの副作用を危惧する女性

クリニックで処方された避妊薬と風邪薬は併用可能

現在病院やクリニック等で医師から避妊薬を処方されて日常的に服用している女性はかなりの数存在していると言われています。
しかし避妊薬を日常的に服用していく中で、時にはどうしても風邪等をひいて体調が悪くなり、風邪薬を飲みたいと思ってしまうことが出て来るでしょう。
そして世の中の多くの女性は、病院やクリニックで処方された避妊薬と風邪薬は併用して服用することが出来ないと思い込んでいるものです。
しかしそれは大きな間違いなのです。風邪薬であっても薬局やドラッグストア等で市販されている一般的なものに関しては、病院やクリニック等で処方された避妊薬と併用して服用しても、全く何の問題もないことがほとんどなのです。
なので風邪をひいて気分が悪くなってしまっている場合、遠慮なく市販の風邪薬を飲んで楽になって良いのです。
しかしそれはあくまでも薬局やドラッグストア等で売られている風邪薬に関しての話です。
市販の風邪薬ではなくて、病院やクリニックで処方される風邪薬の場合、避妊薬とは併用して服用してはいけないものもあります。
なのでその場合は素人判断して勝手に併用して服用するのではなく、必ず風邪薬を処方してくれた医師と、場合によっては避妊薬を処方してくれた医師とも相談し、一緒に飲むべきかどうかを決めていく必要があるのです。
避妊としての効果も期待したいし、風邪も治したいとの希望を持った女性はとても多いものです。
そしていくら避妊薬によって避妊が出来ていたとしても、風邪をひいた時に薬を飲むことが出来ないのならば、100パーセント楽しんでセックスすることは出来ません。
なので女性にとって避妊薬と市販の風邪の薬を一緒に服用出来るということは、大変有り難いことだと言えるのです。

関連記事
  1. OKサインする女性
  2. ピルケース
  3. がん検診のお知らせ
おすすめ記事
  1. pms対策もソープ嬢の避妊もピルで一発
  2. ピルによる減退出血とステロイドとは
  3. 子宮頸がんは、ピルのせい?
ページ上部へ戻る