1. 21日間服用する避妊薬はいつから始めるのがベスト?
  2. クリニックで処方された避妊薬と風邪薬は併用可能
  3. 避妊薬服用中はハーブ成分を含むサプリメントは控える
  4. 28日シートの避妊薬は飲み忘れがなくなる
  5. 子宮筋腫の救急性は高くなく避妊薬で出血を減らせます
  6. 男性が避妊に協力してくれないときは
  7. pms対策もソープ嬢の避妊もピルで一発
  8. ピルによる減退出血とステロイドとは
  9. 子宮頸がんは、ピルのせい?
閉じる
ピルの副作用を危惧する女性

男性が避妊に協力してくれないときは

望まない妊娠を回避するためには、避妊が必要です。
しかし避妊に非協力的な男性もいます。
避妊といえば最も手軽にできるのはコンドームの使用ですが、性的な快感が少なくなるという理由から、使用を拒む男性もいるのです。
しかし避妊をせずにいると、望まない妊娠をする可能性が高くなります。
それは女性にとってはもちろんですが、男性にとっても他人事ではありません。
無責任に女性に押し付けて逃げることのできない、重大な問題となります。
そのため男性は、非協力的になることなく、コンドームをしっかり使用するべきと言えます。
ただし、避妊の手段はコンドームの使用だけではありません。
たとえば排卵日の予定日前後の性交渉を避けるといった方法もあります。
排出された卵子と精子が結合することで受精卵ができるので、排卵日に女性の体内に精子がなければ、妊娠することはないのです。
また、排卵自体をなくす作用のあるピルという薬もあります。
この薬を女性が服用すると、排卵する可能性がかなり下がるため、妊娠しづらくなります。
このように避妊方法は複数あります。
妊娠を望まないのであれば、男性側と女性側とで話し合い、いずれかの手段で避妊を実行する必要があります。
確実に避妊するためには、男性と女性双方の協力が不可欠なのです。

関連記事
  1. がん検診のお知らせ
  2. OKサインする女性
  3. ピルケース
おすすめ記事
  1. pms対策もソープ嬢の避妊もピルで一発
  2. ピルによる減退出血とステロイドとは
  3. 子宮頸がんは、ピルのせい?
ページ上部へ戻る