1. 21日間服用する避妊薬はいつから始めるのがベスト?
  2. クリニックで処方された避妊薬と風邪薬は併用可能
  3. 避妊薬服用中はハーブ成分を含むサプリメントは控える
  4. 28日シートの避妊薬は飲み忘れがなくなる
  5. 子宮筋腫の救急性は高くなく避妊薬で出血を減らせます
  6. 男性が避妊に協力してくれないときは
  7. pms対策もソープ嬢の避妊もピルで一発
  8. ピルによる減退出血とステロイドとは
  9. 子宮頸がんは、ピルのせい?
閉じる
ピルの副作用を危惧する女性

アーカイブ:2017年 12月

女性の病気として子宮筋腫というものがあり、薬物療法を行うときにはピルを使用して出血量を減らす治療法や、偽閉経療法という月経を止める治療を行います。ピルは喫煙を行っていない健康的な女性であれば、副作用の危険性は少ないものと考えられますので、…

望まない妊娠を回避するためには、避妊が必要です。しかし避妊に非協力的な男性もいます。避妊といえば最も手軽にできるのはコンドームの使用ですが、性的な快感が少なくなるという理由から、使用を拒む男性もいるのです。しかし避妊をせずにいると、望…

ページ上部へ戻る